2011年01月14日

寄付について

最近、「タイガーマスク運動」と呼ばれている、児童養護施設等への寄付が盛んになっています。
世の中の経済状況が厳しい中、寄付をしてくれ方々が多くいらっしゃるというのは、非常に嬉しいことだと思います。
今後、同じように寄付をお考えの方がいらっしゃいましたら、以下の点に気をつけていただけるとより良い寄付活動につながると思います。


ひらめき最も有効な寄付はお金
 お金はその施設・団体が必要な物を買うことができる、最も有効で効果的な寄付です。 置き場所にも困りませんし、大変助かります。
 お金の寄付は、都筑区社協の「善意銀行」でも常時受けており、区内の福祉活動に
 活用されます。ぜひご活用ください。
 →善意銀行の詳細はこちらをクリック


ひらめき物品の場合はまず問い合わせてから
 洋服や文房具など、様々な物品について寄付して役立ててもらいたいとお考えの方は、まずその物品を必要としているかを施設に問い合わせをしてください。
 施設によって必要としている物は全く異なります。必要な物であればとても嬉しいですが、必要でない物を送られると逆に困ってしまいます。いきなり宅急便で送る、という事は避けましょう。
 最近は、バザー等で物品を売ったお金を寄付するというやり方も増えてきています。


寄付は「皆さまの善意」と「寄付の受け手」があって初めて成り立つボランティア活動です。双方が嬉しい気持ちになれるよう、ちょっとした気遣いができると良いですね。


晴れ児童擁護施設を見つけたい方は、こちらをクリック(全国児童擁護施設一覧PDFが開きます)

晴れ全国児童養護施設協議会ホームページへはこちらをクリック




都筑区社協バナー

posted by 都筑区社協 at 11:27 | お知らせ