2014年11月08日

ガイドボランティア講座参加者募集中!

*この講座は終了しました*

障害のある方の中には、外出時に付き添いや見守り、介助を必要とする方もいます。
障害のあるか地域で安心して暮らしていけるよう、通学・通所や通院、買い物、余暇などの外出を応援してくださるボランティアの方を大募集しています。

10月に開催した「ガイドボランティア講座(身体・視覚障害編)」に引き続き、「ガイドボランティア講座(知的障害編)を開催することになりました。

ただいま参加者募集中です!

「ボランティアをしてみたいけれど、何から始めればいいのかわからない」「ガイドボランティアに関心があるけど、自分にもできるのか不安。。。」
そんな方のご参加も大歓迎☆

まずは一度お話を聞いてみませんか?

多くのご参加をお待ちしています!


日 時 平成26年12月12日(金)10:00~13:00
会 場 かけはし都筑 1階 多目的研修室
定 員 50名 ※申し込み多数の場合は抽選。特にこちらから連絡がなければそのままお越しください。
申 込 12月9日(火)までに、電話・FAX・E-mail等にて、お名前と連絡先(住所、電話、FAX、E-mail)、「ガイドボランティア講座参加申込み」の旨をお知らせください。

詳しくはこちらをご覧ください。

posted by 都筑区社協 at 11:32 | お知らせ

2014年10月07日

H26年度「年末たすけあい募金団体助成事業」について

H26年度・年末たすけあい募金事業助成 申請書配布中!

地域福祉の推進を図ることを目的に、区内の地域福祉団体が12月から1月の間の実施する事業に対し、年末たすけあい募金配分金を助成します(助成には審査があります)。
助成を希望される団体は以下の申請の手引きを良くお読みいただいた上でご申請ください。

○申請受付期間:10月15日(水)〜31日(金)

○助成対象団体:
   (1)ボランティア団体
   (2)障がい当事者団体及び家族
   (3)地域福祉推進のために事業を行う福祉活動団体
      ※法人はNPO法人のみ対象となります。
       医療法人や社会福祉法人等が運営する施設等は対象となりません。

○助成対象事業:
  次の(1)〜(4)の全ての項目に該当する事業に対して助成を行います。
  また原則として1団体1事業とします。
   (1)営利を目的としない事業であること
   (2)地域福祉推進のための事業であること
   (3)12月から1月までの間に実施される事業であること
   (4)対象事業に参加する延べ人数が5名以上の事業であること
      (給与等を受けている職員は除きます)

○申請書について
・申請書は区社協、地域ケアプラザ、地区センターにて、配布しています。
・パソコンで申請書を作られる団体は以下の書式をダウンロードしてお使いください。


   申請のてびき(PDF)はこちら
  
   申請書(エクセル)
   記入例(エクセル)

   申請書(PDF)
   記入例(PDF)
posted by 都筑区社協 at 19:32 | お知らせ

2014年09月26日

「つづきチャレンジド」マークの取組に関するページです!

logo_tsuduki challenged.jpg

◆平成29年2月28日 更新
「つづきチャレンジド」の取組みに新たな内容が加わりました!
緑のリボン

【緑のバッチをつけて“応援しよう!”】

内容:チャレンジドバッチに「緑色のリボン」をつけることで、障がい当事者の方に加え、より多くの方にバッチをつけてもらい、つづきチャレンジドの普及・啓発を目指す活動です。

詳細につきましては、下記のチラシをご覧ください。
チャレンジドチラシ


◆平成28年5月20日 更新
「つづきチャレンジド」の取組を広げていくため、福祉関係機関・団体の皆様で日頃発行されておられます広報紙やチラシ等でこの「つづきチャレンジド」の紹介記事を掲載してもらう取組を進めていくこととなりました。
皆様で日頃発行されておられます広報紙やチラシ等で、掲載スペースがこざいましたら、ぜひともこの取組をご紹介ください。

画像につきましては、下記からダウンロードできますので、どうぞご活用ください。
http://www.tuzuki-shakyo.jp/logo_tsuduki%20challenged.jpg

また紹介の文例につきましては、下記を参考にしていただき、紙面のスペースに合わせてご掲載願います。

このマークは、障がい当事者が自ら障がいがあることを周囲に発信するためのデザインを一般公募し、決定しました。
障がい当事者が「自分はこういう障がいがある」ということをバッチを身につけることで発信していく取組です。
そのことにより、周囲が声をかけやすく、手助けしやすい雰囲気づくりを目指しています。


◆平成28年3月4日 更新
「つづきチャレンジド」の取組が第3期都筑区地域福祉保健計画「つづき あい」の取組の1つに位置づけられました!
これまで都筑区社会福祉協議会の第2期地域福祉活動計画の取組の1つとして進めてきましたが、平成28年度からは第3期都筑区地域福祉保健計画の区計画の取組の1つとなります。

都筑区地域福祉保健計画は2つの計画で構成されています。
@区計画:都筑区・都筑区社会福祉協議会・地域ケアプラザが主体なってともに進める取組
A地区別計画:地域の課題に対して地域の方が主体となって進める取組

詳しくは都筑区役所のホームページをご覧ください。
http://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/fukushi/jigyou/tifuku/3ki/
※第3期地域福祉保健計画の第3章に掲載されています。


◆平成26年9月26日 更新
「つづきチャレンジド」マークのデザインが決定しました!
選ばれたデザインは10月19日(日)の第20回福祉農園にて発表・表彰されます。

最優秀賞デザイン
logo_tsuduki challenged.jpg

この取組は障がい当事者が周囲に「自分はこういう障がいがある」という事を理解してもらい、周囲から声を掛けやすくしたり手助けをしやすい雰囲気を作るため、障がい当事者側から障がいがあることを発信していくものです。その趣旨を適切にイメージでき、当事者が付けようという気持ちになり、周囲が障がいがあることに気づけるデザインを一般公募し、審査会や一般投票の結果を経て、最優秀賞のデザインとして決定いたしました。

また、優秀賞のデザインとして、下記の2点が選ばれました。
yuusyuusyou1.jpg
yuusyuusyou2.jpg

決定したデザインを用いたバッチの取り組みなど、今後随時このページを更新予定です!
posted by 都筑区社協 at 10:25 | お知らせ

2014年09月06日

平成26年度年末たすけあい募金事業助成説明会(10/8)を開催します!

都筑区内で活動する福祉保健活動団体が12月から1月の間に実施する

事業を対象とした「年末たすけあい募金事業助成」の説明会を行います。

 詳細は、説明会にご参加いただくか、10/8以降に区社協、地域ケアプラザ、

地区センターにて、配布する「申請のてびき」をご覧ください。

「申請のてびき」は、当ホームページにアップする予定です。

■説明会日時 10/8 (水) 10:30〜 

■開催場所  かけはし都筑1F・多目的研修室

■内  容 平成26年度 年末たすけあい募金事業助成についての説明、質疑応答等

  *申請受付期間は10/15(水)〜31(金)です。

■問合わせ 都筑区社会福祉協議会 TEL:943-4058

   ⇒ チラシはここをクリック

posted by 都筑区社協 at 12:29 | お知らせ

2014年08月01日

「つづきチャレンジド」マーク デザイン 投票受付中!

「つづきチャレンジド」マーク デザイン 投票受付を開始しました。

 ★チャレンジド:「障害を持つ人」を表す新しい米語 「the challenged (挑戦という
    使命や課題、挑戦するチャンスや資格を与えられた人)」を語源とした言葉です


 ⇒ 投票用紙はこちらをクリック

選ばれたデザインは障がい当事者側から周囲に障がいがあることを発信するための
バッチのデザインとなります。
このバッチを通して、周囲に障がいがあることを理解してもらい、周囲から声をか
けやすくしたり、手助けしやすい雰囲気づくりを目指します。

■投票内容  都筑区社会福祉協議会の障害福祉分科会では、障がい当事者が周囲
      に「自分はこういう障がいがある」ということを理解してもらい、
      周囲から声を掛けやすくしたり、手助けをしやすい雰囲気を作るた
      め、障がい当事者側から障がいがあることをバッチを身に付けるこ
      とで発信していくこととなりました。その趣旨を適切にイメージで
      き、当事者が付けようという気持ちになり、周囲が障がいがあるこ
      とに気づけるデザインを一般募集しました。

      応募があった88点のデザインの中から、障がい当事者団体や有識者
      などから構成される審査会にて10点が選ばれました。今回、その
      10点のデザインに対して、「つづきチャレンジド」マークを決定す
      るための一般投票を実施します。
      なお、デザインは投票数による決定ではなく、投票結果を参考にし、
      上記審査会にて決定します。

■投票期間  平成26年8月1日(金)〜8月31日(日) *当日消印有効

■投票資格 どなたでも投票できます。(投票は1人1回のみ有効)

■投票方法  FAX・E-mail・郵送または持参にて投票ください。
      FAX:投票用紙に必要事項をご記入のうえ、切り取らずにそのままFAXして
         ください。
      持参:投票用紙に必要事項をご記入のうえ、切り取り下記投票先まで
         ご持参ください。
      E-mail・郵送:下記必要事項を明記のうえ、E-mail・郵送にて投票
         ください。
 ※必要事項:投票するデザインの番号・選んだ理由・住所・氏名・年代・性別・
       電話番号

【個人情報の取扱について】
 ご提供いただいた個人情報は、本会の運営にかかわる事項(ご案内等)のみに
 適切に利用させていただきます。

■結果発表  平成26年10月19日(日)福祉農園★にて採用されたデザインを発表・
      表彰します。また、当ホームページでも発表します。
 ★福祉農園 障がい児者と地域に暮らす方々との交流を目的に行っている、
       さつまいもの苗植えや収穫体験イベントで、福祉施設・障がい児者
       団体・地域団体等により、毎年10月に都筑区内の農園で開催して
       います。

■プレゼント 投票された方の中から抽選で10名の方に福祉農園で使える
      「いもほり券」と図書カード(500円分)をプレゼントします。
       なお、当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。

■主催 都筑区社会福祉協議会 障害福祉分科会
  ※ 障害福祉分科会は都筑区内の障がい福祉に関する施設・団体等により
    構成されています。さまざまな団体が集まり、都筑区内の障がい福祉
    の課題を解決するために話し合い、事業の実施等を行っています。

■投票・問い合わせ先 社会福祉法人 横浜市都筑区社会福祉協議会
          (担当:大橋・桑田)

〒224-0006
横浜市都筑区荏田東4-10-3 港北ニュータウンまちづくり館
電話:045-943-4058
FAX:045-943-1863
http://www.tuzuki-shakyo.jp/
E-mail:info@tuzuki-shakyo.jp
posted by 都筑区社協 at 14:07 | お知らせ

2014年06月04日

平成26年度 善意銀行配分金の申請について(〜6/27)

都筑区社会福祉協議会に寄せられた寄附金を区内の福祉推進のために配分する「善意銀行配分」申請受付を開始します。


配分を希望される方は、申請の手引きをよくご確認のうえ、平成26年6月27日(金)までに都筑区社会福祉協議会に申請書をご提出ください。


手引きや申請書は都筑区社会福祉協議会窓口にてお渡ししています。以下よりダウンロードしていただくこともできます。


なお、今回は原資の関係上「備品等購入費」の配分は行いません。申請をお考えいただいていた皆様には大変申し訳ありませんが、ご了承ください。

手引き(PDF)

様式1-1(エクセル)

様式1-2(エクセル)

様式1-4(エクセル)

様式2(エクセル)
posted by 都筑区社協 at 11:59 | お知らせ

2014年04月04日

「つづき あい基金」助成金 申請受付中

「つづき あい基金」助成金 申請受付中

都筑区地域福祉保健計画の目標の実現に向けた
「新たな取り組み」 「これまでの活動拡充」 など更なる一歩を踏み出す活動を大募集 !!

申請受付&書配布期間
平成26年4月1日(火)〜5月9日(金)
平日(月〜金曜)9:00〜17:00

■助成額
@上限 20万円/A上限 10 万円 どちらかを選択いただけます
※Aを選択した場合、次年度に同枠での再申請が可能です。なお、 同一活動に対する助成は、20 万円を上限とします。

■助成上限数
@20万円枠×3 活動/A10 万円枠×4 活動
※申請数が助成数を上回った場合は、審査の上、各助成額枠数の範囲で助成します。

■助成対象期間
平成 26年 4月〜 平成 27年 3月までの活動

*この助成金は、都筑区チャリティゴルフ大会の収益金等で運営している「つづきあい基金」を財源としています。

◆申請書提出先(問い合わせ先)
*受付は予約制です。電話等でご予約の上、お越しください。
Tel.045-943-4058/Fax.045-943-1863  E-mail:info@tuzuki-shakyo.jp
都筑区社会福祉協議会
〒224-0006 都筑区荏田東4-10-3港北ニュータウンまちづくり館内
*申請書の提出は書類内容の確認のため、窓口にて提出をお願いします。

申請のてびき(PDF)
様式1 「つづきあい基金」助成金申請書(エクセル)
様式2 活動計画書(エクセル)
様式3 収支予算書(エクセル)
様式4 「つづきあい基金」助成金【団体概要シート】(エクセル)


posted by 都筑区社協 at 13:12 | お知らせ

2014年04月04日

「つづきチャレンジド」マーク デザイン募集!

「つづき チャレンジド」マーク デザイン募集!

★「チャレンジド」... 「障害を持つ人」を表す新しい米語 「the challenged (挑戦という使命や課題、挑戦するチャンスや資格を与えられた人)」を語源とした言葉です。

■募集内容
障がい当事者が周囲に「自分はこういう障がいがある」という事を理解してもらい、周囲から声を掛けやすくしたり手助けをしやすい雰囲気を作るため、障がい当事者側から障がいがあることを発信します。
その趣旨を適切にイメージでき、当事者が付けようという気持ちになり、周囲が障がいがあることに気づけるデザインを募集します。
*未発表のオリジナル作品で、他者の知的所有権を侵害しないもの。

■募集期間
平成 26 年 4 月 1 日(火)〜平成 26 年 5 月 31日(土) *当日消印有効

■応募資格
どなたでも応募できます(個人でもグループでも可)

■応募方法
・郵送またはE-mail
・一人何点でも応募可
・作品ごとに、住所・氏名・年代・性別・連絡先(電話、FAXまたはE-mailアドレス)を明記してください。
【個人情報の取り扱いについて】 ご提供いただいた個人情報は、本会の運営にかかわる事項(ご案内等)のみに適切に利用させていただきます。

■規程
・4cm程の缶バッチ、直径5cm程のキーホルダーの作成を予定しています。
 いづれのグッズにも映えるデザインとしてください。
・単色での使用や縮小して使用されることを考慮してください。
・はがき大〜A4サイズの用紙にカラーで作成してください。
・デザイン内に文字を入れる場合は、名称「つづき チャレンジド」の文字を入れてください。

■賞
最優秀賞 1点(デザイン採用)/ 副賞10万円
優秀賞  2点 / 副賞 記念品

■審査結果の発表
平成26年度 福祉農園にて発表・表彰 *受賞者の名前を発表します

■選考方法
一般投票 および 本会障害福祉分科会員等(審査会)による審査

■デザイン募集〜結果発表(予定)
平成26年4/1〜5/31 デザイン募集
      6月      審査会による選考(一次選考)
      7月      一般投票の広報
       8/1〜8/31 一般投票(二次選考)
      9月      審査会にて最優秀および優秀作品を決定
      10月      福祉農園で発表・表彰

■注意事項
・採用作品の著作権その他一切の権利は、都筑区社会福祉協議会に帰属します。
・採用作品の使用にあたっては、サイズを含め若干の変更を行うことがあります。
・応募に掛かる経費は応募者負担とします。また、応募作品はお返し出来ません。

■主催 都筑区社会福祉協議会 障害福祉分科会
■協力 都筑区役所

■応募・問い合わせ先
社会福祉法人 横浜市都筑区社会福祉協議会
担当:大橋・桑田
〒224-0006 横浜市都筑区荏田東4-10-3
TEL 045-943-4058  FAX 045-943-1863
http://www.tuzuki-shakyo.jp/  E-mail info@tuzuki-shakyo.jp

チラシはこちらから

posted by 都筑区社協 at 11:44 | お知らせ

2014年03月11日

H26年度つづきふれあい助成金の申請について<申請受付4/2〜18>

「つづきふれあい助成金」は、誰もが住み慣れたところであんしんして生活していくために都筑区内で活動している『ボランティアグループ』『障がい当事者団体』『NPO法人』等が行う地域福祉推進事業や障がい福祉推進事業の支援を目的として実施する助成制度です。
助成事業、助成対象団体などの条件等につきましては、以下の手引き等を良くお読みいただき、申請してください。


<申請期間>平成26年4月2日(水)〜4月18日(金)

<受付日時>平日:月曜日〜金曜日の9:00〜11:30、13:00〜16:30
<受付場所>都筑区社会福祉協議会窓口
   ※メールでの申請はできません。必ず窓口へお越しください
   ※区社協の地図はこちら


<問い合わせ>
 都筑区社会福祉協議会
 TEL:045-943-4058 FAX:045-943-1863
 メール:info@tuzuki-shakyo.jp


<申請様式等>

  ★申請の手引き(PDF)


■パソコンで直接編集する場合

  ★申請書(Excel)  ★団体共通シート(Excel)

  ★H25年度報告書(Word)


■印刷して記入する場合

  ★申請書(PDF)  ★団体共通シート(PDF)

  ★H25年度報告書(PDF)

H25年度の報告書は4月末までです。ご提出の程お願いいたします。
posted by 都筑区社協 at 22:14 | お知らせ

2013年12月01日

広報紙「しゅんらん」41号をアップしました

区社協広報紙「しゅんらん」41号(H25年12月)

区社協の広報紙「しゅんらん」41号を発行しました。
ぜひ、ご一読下さい!

広報紙「しゅんらん」41号 ←クリックしてください
posted by 都筑区社協 at 19:21 | お知らせ

2013年04月04日

(H25.4現在)今後の被災地支援ボランティア活動について

 震災発生後、継続的にボランティアバス派遣などを行ってきていた「かながわ東日本大震災ボランティアステーション」がH25年3月末をもって事業終了となっております。4月以降も新体制での被災地支援活動を継続していく予定とのこと。ボランティアバスなども行う予定だとのことですので、ホームページでチェックいただければと存じます。

 → かながわ東日本大震災ボランティアステーション ホームページ

 また、個人でのボランティアをお考えの場合ですが、震災発生より2年が経過し現地のニーズが毎日の生活支援へと変化してきており、継続的な支援が求められるようになってきております。ボランティアに行かれる際には、まず現地のボランティアセンターに問い合わせをしていただければと存じます。各地のボランティアニーズにつきましては、全国社会福祉協議会のホームページ「被災地支援・災害ボランティア情報」でチェックしてください。

 → 全国社会福祉協議会 被災地支援・災害ボランティア情報 ホームページ


posted by 都筑区社協 at 11:45 | お知らせ

2013年01月12日

災害ボランティアセンターが1月の区広報に載っています!

区役所で発行している広報紙の1月号で、防災・減災についての特集が組まれています。
その一部で、「都筑区災害ボランティアセンター」についても取り上げられています
記事はこちらをクリック(一番下の記事です)


災害ボランティアセンターとは、大きな災害が起こった際に区の防災計画にのっとり開設されるもので、都筑区社協が運営にあたる事になっています。東日本大震災の際にも各地に立ち上がりましたが、住民の生活を取り戻すために必要なお手伝いをするため、災害ボランティアの派遣調整を行う所です。集まってくるボランティアと手助けを必要とする人を結びつけます。

また、災害ボランティアセンターを運営するため、地元都筑区の方々に「災害ボランティアコーディネーター」として登録いただき、グループとして活動しております(現在40名弱)。登録も常時受け付けておりますので、関心のある方はぜひご登録ください。
登録につきましては、下にある「登録申込書」にご記入いただき、FAXいただくかご持参くださいますようお願いいたします
災ボラコーディネーターの活動内容は以下の通りです。

<発災時>
 ・災害ボランティアセンターの立上準備
 ・災害ボランティアセンターの運営支援
 ・災害ボランティアの派遣調整、情報収集等支援
<通常時>
 ・2ヶ月に1度定例会を開催し、勉強や情報交換、各種検討をしています。
 ・上記以外にも年間数度スキルアップの場を設けています。
 ・1年に1度災害ボランティアセンター運営シミュレーションを行っています。



下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

活動紹介            募集チラシ           登録申込書
saibora.jpg   saibora-tirasi.jpg   saibora-touroku.jpg




posted by 都筑区社協 at 20:14 | お知らせ

2012年10月12日

平成24年度「つづき あい基金」助成団体のみなさまへ

H24年度上半期が終了いたしましたので、中間報告書の提出をお願いいたします。

 かわいい提出書類:中間報告書 1部(excel版)
         カメラ写真やチラシ等がございましたら、添付ください。

 かわいい提出締め切り:10月31日(水)

 かわいい提 出 先:都筑区社会福祉協議会
 
posted by 都筑区社協 at 09:34 | お知らせ

2012年07月02日

「つづき あい基金」助成活動発表会!

「都筑区福祉保健計画」をご存じですか?
 この計画は、「誰もが安心して暮らせるまち」をつくるため、区民、事業所、行政などが協働で取り組んでいる計画です。
 地域では、この計画を推進し、活動や取組みを幅広い参加により広げていくための助成金「つづき あい基金」を使った活動が行われています平成23年度助成活動の成果を発表しますので、ぜひお越しください演劇イベント
みなさんの地域の課題を解決するヒントひらめきがきっとあります目

かわいい開催日時:平成24年7月21日(土)
           14:00〜
かわいい開催場所:都筑区役所 6階 大会議室
かわいい参 加 費:無料exclamation×2
かわいい参加申込:当日直接会場にお越しください

ぴかぴか(新しい)問い合わせ・・・都筑区社会福祉協議会 電話045−943−4058

メールチラシをご覧ください → ココをクリック1
              → ココをクリック2



 
posted by 都筑区社協 at 00:00 | お知らせ

2012年05月02日

H24年度もボランティアステーションでボランティアバス運行中です!

東日本大震災からの復興のために、現在も災害ボランティアは必要です。
参加するには個人で被災地に直接行く方法と、「ボランティアバス」を利用して参加する方法が一般的です。
神奈川県では“神奈川災害ボランティアネットワーク”が中心となって運営している「かながわ東日本大震災ボランティアステーション」が平成24年度も引き続きボランティアバスを運行しています。
参加をお考えの方は、一度ホームページをご覧ください。

→→ ボランティアステーションホームページ(クリックで開きます)


また個人での参加をお考えの方は、各県の災害ボランティアセンターホームページ等で情報を集め、ご参加いただければと思います。(以下、クリックで開きます) 

→→ 岩手県災害ボランティアセンター
→→ 宮城県災害・被災地社協等 復興支援ボランティアセンター
→→ 福島県災害ボランティアセンター



posted by 都筑区社協 at 13:42 | お知らせ

2012年05月01日

【寄付募集】視覚障害者の練習用パソコン

視覚障害は情報障害です。視覚情報が得られないことにより生活上に様々な困難があります。
情報を得る手段は色々ありますが、パソコンを活用できるようになることは、生活を向上させるとても有効な手段です。ですが、視覚障害がある方に対するパソコン教室はほとんど無いのが現状です。
そこで、都筑区視覚障害者福祉協会が自らメンバーの視覚障害者を対象としてパソコン教室を行っているのですが、パソコンの数が足りず困っています

ご自宅にあまり使わないパソコンがある方などからの寄付を募集しています。
皆さまからの善意をお待ちしております。
寄付にあたりましては、以下をご覧下さい。


★募集しているパソコンについて

○種 類: ノートパソコン
○O S: windowsXP か windows7
○HDD: 500GB以上
○メモリ: 1GB以上
○ソフト: ワード、エクセルが入っているもの
○台 数: 5台

※視覚障害者用のソフトを入れる必要があり、ある程度の
 性能のパソコンでないと動作が難しいので、この様な条件を
 付けさせていただいております。



★寄付について
ご寄付いただける方は、都筑区社会福祉協議会(045-943-4058)まで
ご連絡ください。お待ちしています!



posted by 都筑区社協 at 17:00 | お知らせ

2012年03月05日

ボランティア入門講座

ハートたち(複数ハート)ボランティア入門講座を開催しますハートたち(複数ハート)

ボランティア活動に興味のある方を対象にボランティアセンターや活動の紹介等をします!

クイズやカードを使いゲーム形式で楽しくボランティア体験してみませんか?

ボランティアをしてみたい!!
だから、「あいちゃんボランティア」や「都筑区社協ボランティアセンター」に登録してみたものの、まだ実は活動したことない・・・
自分にいったい何ができるのかな?

と思っているあなた、一歩踏み出すきっかけをつくるために、是非是非ご参加くださいダッシュ(走り出すさま)

【日時】4月14日(土)10:30〜12:00
【場所】かけはし都筑内
【内容】ボランティア疑似体験、保険について、活動の紹介等

※先着6名です。お早めに〜〜〜

posted by 都筑区社協 at 14:37 | お知らせ

2011年12月12日

【続報】かけはし都筑の復旧について

12/12未明の漏水による利用制限についてお知らせした所ですが、
16:00現在ほぼ復旧しましたので、明日12/13以降の利用につきましては
通常通りとさせていただきます

ただし、本件による障害等によりトラブル等が起こることも考えられるため、
場合により再度利用制限があるかも知れませんのでご承知置き下さい。

区社協の営業につきましても、通常通りとなります。
よろしくお願いいたします。


posted by 都筑区社協 at 16:00 | お知らせ

2011年12月12日

【緊急】かけはし都筑の利用制限と区社協営業について

12/12未明に漏水・停電があり、12/12(月)12:00現在、全館停電しております。
復旧作業を行っている所ですが、本日の利用につきましては全て休止とさせていただきました。
みなさまには大変ご迷惑をおかけいたしまして大変申し訳ありません。
ご協力の程よろしくお願いいたします。

明日12/13以降の利用につきましては、状況が分かり次第お知らせいたします。
(既に予約が入っている団体につきましては、個別にご連絡させていただきます)

区社協業務につきましても、緊急の用事以外はなるべく明日以降にしていただきます様お願い申し上げます

posted by 都筑区社協 at 12:33 | お知らせ

2011年10月06日

知的障がいを理解する講座・篁一誠先生の講義録好評販売中!

この冊子は、平成18年度に3回にわたり行われた講座「生きる力を育む」の講義録です。

障害のある・なしに関わらず、子どもの生きる力を育むことは保護者・支援者に求められることですが、障がいがあることで配慮やサポートが必要なこともあります。その配慮やサポートについて、わかりやすく解説しています。
親として学びたい方、ボランティアとして支援したい方など知的障がい(特に自閉症)について学びたい方には最適です
ぜひご購入ください。

<篁一誠(たかむら いっせい)先生プロフィール>
早稲田大学文学部心理学専攻。 精神医学研究所心理学研究室、東海大学医学部付属病院精神科心理室、横浜山びこの里東やまた工房、よこはま・自閉症支援室などを経て、現在、NPO法人PDDサポートセンターグリーンフォレスト理事長。



●講義録T コミュニケーションの力を育む
(画像クリックで5ページ試し読みできます)
kougiroku1.jpg
【内容】全50ページ
(1)コミュニケーションの持ち方
・言葉のかけ方
・関わるときの距離感
・直接経験の拡大
(2)コミュニケーションの引き出し方
・表現方法の充実、
・自己表現の機会の作り方
・満足感と不足
(3)関わる側の配慮
・正しい理解と認識
・行動の解釈の仕方




●講義録U 社会で生活する力を育む
(画像クリックで5ページ試し読みできます)
kougiroku2.jpg
【内容】全40ページ
(1)基本の考え
(2)育むもの
・5歳まで:模倣行動の習得
・10歳まで:人から教わる態度の習得
・15歳まで:経験の拡大・能力の開発
・20歳まで:生活の自立
(3)関わる側の配慮
・子どもの能力の見極め
・支援者との連携






●講義録V 働く力を育む
(画像クリックで5ページ試し読みできます)
kougiroku3.jpg
【内容】全55ページ
(1)参加する状況
 就労、授産施設、地域作業所、
 通所更生施設・入所施設
(2)働く力の基礎
 家事を担うこと、教わる姿勢の形成
(3)働く力の基本
 集中して目と手を使う、姿勢の保持、
 仕事を完結させる、習熟するまで練習する
 機会を与える、自己選択と自己決定
(4)配慮すること
 指先の特徴、仕事をする空間の管理、
 失敗をする経験とその修復、報酬の問題、
 中学修了時の社会参加、勤務形態


■価格 1冊500円(送料別)


■購入について
下の注文用紙にご記入の上、FAXにてお送り下さい。
(注文用紙はこちらをクリック)
FAXが無い方は、注文用紙の内容をメールでお送り
いただくか、横浜市都筑区社協までお電話下さい。



■販売の流れ
(1)上記の注文用紙に記入の上、お送りください
(2)振込金額をお知らせいたします
(3)下記口座にお振り込みいただきます
   【振込先】
    銀行名・支店名:横浜銀行 港北ニュータウン南支店
    口座番号:普通 1380688
    口座名義:(福)横浜市都筑区社会福祉協議会 会長 志村一郎
           フク)ヨコハマシツヅキクシャカイフクシキョウギカイ カイチョウ シムライチロウ

(4)振込確認後、冊子を発送いたします


■お問い合わせ・連絡先
  横浜市都筑区社会福祉協議会
  TEL:045-943-4058
  FAX:045-943-1863
  Eメール:info@tuzuki-shakyo.jp





posted by 都筑区社協 at 00:00 | お知らせ